関連リンク
えひめ介護ネット
愛媛の介護施設をご紹介
いたします。
ライフケアマンション
マンション経営をお考えの方
は必見!新しいご提案です。
BACKHOME > 介護リフォーム> 介護保険について

介護保険で要介護(すべての区分対象)と認定されれば高齢者の方の自立支援や介護を助けるための改修工事に対して住宅改修費が支給されます。
お問合せ
お問合せフォーム

資料請求フォーム

TEL 089-975-7511

住宅改修には、介護保険が20万円(利用者1割負担)まで支給されることを知ってますか?

住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく(要支援・要介護1〜5の全ての方に対して共通)生涯で20万円までとなっています。そして、その1割にあたる2万円が自己負担となります。
つまり、改修費用のうち20万円分までは住宅改修費の支給申請をすることができ、そのうち9割(18万円)が保険で支給されます。残りの1割(2万円)と、20万円を超えた部分の全額が自己負担となります。
保険給付グラフ

また1度の改修で全額を使いきらず、数度に分けて使うこともできます。
ただし、要支援、要介護認定区分が3段階以上あがったときや転居した場合は、改めて上限20万円までの給付を受けることができます。

こんな場合に使えます
手すりの取付け 廊下、階段、トイレ、浴室、室内、玄関など、家の中に設置する手すりの他、外へ出るための外構手すりにも適用されます。
床段差の解消 敷居を取り除いたり、小さなスロープを付けて段差を解消します。保険給付額の範囲では実現が難しい場合もありますが、廊下や浴室全体の床位置を上げたり、廊下全体をゆるやかなスロープにする事で段差を解消する場合もあります。
滑り防止及び移動の円滑化等のための床の変更 滑りやすい床をフローリング材やユニットバス用の床材、固いジュータン材などに変更するときには適用されます。
引戸等への扉の取替え 開けにくくなっているドアを、引戸や3枚引戸などに変更する場合に適用されます。
洋式便器等への便器の取替え   和式便器を、洋式便器に取り替える場合に適用されます。
※その他上記に付随して必要となる工事が必要な場合、その工事についても介護保険の対象となります。

市町村の助成金もプラスして使えます
介護保険の住宅改修費以外にも、各市町村単位で住宅改修に対する助成金を支給しているところがありますので、お住まいの地域でご確認ください。

福祉用具も上手に組み合わせましょう
住宅改修の支給額以外にも、福祉用具の購入で1年ごとに10万円までが支給されます。両方を組み合わせて、住宅環境を上手に改善しましょう。

住宅改修の手順等でご質問がありましたら、弊社までお気軽にお問合せ下さい。